デリヘル ホームページ

デリヘルホームページにつき、作成はもちろん、ドメイン取得、レンタルサーバー、WordPress導入、サブドメイン、マルチドメインの活用など、サイト運用につき提案させて頂きます。当方、ネットに強い専門家、デリヘルSEO対策についてもご相談下さい。

 
デリヘル ホームページ作成 サイト更新日 2017-10-08
スマホ・モバイル版はこちらへどうぞ。
デリヘル 開業 モバイル版はこちらへどうぞ。

デリヘル 風俗営業 開業手続き

かって僕は、風俗店へ足を運ぶたびに謝礼を貰っていた。そんな僕が今では開業の手続きや経営サポートを行っている。 おそらく誰よりもこの業界の経営者と接してきただろう。またジャンルこそ違えども、祇園に店を持ったこともある。 誰にも真似できやしないバックボーンが僕を支えている。
デリヘル 開業

090-8483-9508  /  042-452-6477
例えば僕は、店をたたむときの寂しさを知っている。(かって、祇園の片隅で)
デリヘル開業届出書き方見本(有償)
デリヘル開業届 書き方見本 ひな型

届出の手続きだけなら誰でもできる。けど、違いが出るのは、開業後の実務的アドバイス。
お問合わせは
デリヘル 開業 問い合わせ
090-8483-9508   / 042-452-6477
またはメールにてご連絡下さい。
電話でのお問い合わせについては平日夜、もしくは土日祝日においても事務所にいる限り対応しております。 不在のときでも携帯までご遠慮なくおかけください。(~22:00)

  

メールでのお問い合わせ、ご相談は、
下記までご遠慮なくお願いします。
メールはこちらまでお願いします。
メール: sr@shi-bu.sakura.ne.jpLinkIcon
 
※ご利用のメールソフトによっては自動で送信されず、再度手動で送信しなければならない場合があります。 数日経過しても返信がない場合、メールソフトで送信済であるかお確かめ願います。
 
■業務については、行政書士業務、社会保険労務士業務での範囲内にて行います。
 
■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい(~22:00)。 夜中の時間帯での相談も受け付けています。

ホームページ作成

■ホームページURLについては、「客の依頼を受けるための電話番号その他の連絡先」として、届出する必要があります。
■営業の方法において、「広告又は宣伝をするときに18歳未満の者の利用禁止を明らかにする方法」を記載しなければなりません。
■ホームページURLの追加、変更、廃止の際にも、変更届を要します。
 

デリヘルホームページ作成についてもご相談下さい。(デリヘル開業フルサポートでは、特別料金にてホームページを作成いたします)

・サイトマップ作成およびアップ
・キーワード設定
・Alt設定
・Googleウェブマスターツールサイト確認設定
・リンク設定
■作成には、上記SEO対策も含んでいます。
■デリヘルホームページサンプルなど、詳細についてはお問い合わせ願います。

■SEO対策についてはこちらまで SEO対策LinkIcon
 

※SEO対策会社について、悪徳商法・悪質商法も報告されています。ご注意下さい。

レンタルサーバーについて、あるいはドメイン取得、WordPress導入などについてもご相談下さい。

・レンタルサーバー
・ドメイン取得(ドメインとURLの違いなど)
・SEO対策
・会員専用サイトの作成
・WordPress導入

デリヘルホームページについて

 
最近、多くのデリヘル開業者が利用されているのが、業者から提供されたテンプレートへ画像をはめ込み、テキストの書き込みなどを自ら行ってサイトを完成させるといったスタイルです。データ更新も自ら行うため、サイトを丸ごと作成してもらうよりも安上がりとの理由で、利用する人が少なくありません。このケース、WordPressなどのデータベースが用いられていますが、MySQLやPHPの知識がなくても特に問題はありません。
 
ただし、サイトはそれなりのものが完成できたとしても、SEOが絡むと話は別です。例えばタグの埋め込みはある程度、業者がやってくれるところもあるようですが、Altの設定まではやってくれないところが多く、また、被リンクの設定も多くがサービス外です。結果、YahooやGoogleでの検索で上位に引っ掛からず、自店のホームページ経由での客の取り込みに失敗してしまっています。その他、パスワードの入力を要する会員専用サイトの作成も不可です。
 
WordPressそのものについては、大いに活用すべきです。インストール可能なレンタルサーバーとの契約を要しますが、WordPressの利用そのものは無料です。在籍する女の子にブログ感覚でメッセージやデータを積極的に発信してもらったらいかがでしょうか。その際、個別にブログのIDなどを取得する必要もありません。
 
あるいは、WordPressを使いこなすことができるのであれば、WordPressによってサイトを構築してみるのもいいかもしれません。使いこなせるレベルに達していなくても、サイト構築は通常のホームページ作成ソフトを使い、WordPressは部分的にリンクを貼るなどの活用でも十分です。宣伝広告の考え方にもよりますが、場合によっては外部の有料サイトへ依存する必要もなくなります。いや、むしろ、外部有料サイトへは極力依存すべきではないというのが、当方の考えです。なぜなら、費用対効果が悪すぎるからです。
 
実際、失敗者においては、やはりSEOを含めホームページに原因があるところが少なくありません。ドメインを取得したのであれば、マルチドメインやサブドメインも大いに活用すべきです。もし、ホームページ作成やサイト構築にお悩みであれば、当事務所へご遠慮なくご相談下さい。(25.2.1)